プラセンタの抽出方法 | プラセンタラボ

プラセンタは抽出方法で効果に差が出る

究極のプラセンタ
≫ 医療用プラセンタ注射の500倍の濃度 !!! ≪
国内で唯一国産サラブレッドのサイタイを含んだスーパープラセンタ!

サイタイに含まれる天然のヒアルロン酸の効果がすごい!
プラセンタ専門店の意地で実現したどの企業もできなかったこだわりのサプリ。
プラセンタ注射よりも効果が高いと話題!

国生さゆりさんご用達!その効果は本物です!

究極のプラセンタパワーを感じてください!

プラセンタの有効成分の分かれ道

プラセンタ(胎盤)はヒト・馬・豚・羊などの胎盤から抽出したプラセンタエキスのことです。

 

胎盤そのものを使用しません。

 

いくら健康なプラセンタであっても熱処理や殺菌処理等で安全な状態にしてから、いくつかの抽出方法でプラセンタエキスを取り出します。

 

ここでの抽出方法でプラセンタの有効成分が失われるか…失われないか…の分かれ道になり、効果に大きく差が出てしまう原因の1つです。

プラセンタの抽出方法

STEP1 胎盤からプラセンタエキスを抽出します

胎盤からプラセンタエキスを抽出するには、いくつかの方法があります。

 

分子分画法

特殊なフィルターによって必要な成分を取り出す方法で、有効成分がほとんどそのまま抽出。
1992年に確立された、比較的新しい生成方法。

 

凍結分解法

昔からある方法で、凍結と解凍を繰り返して細胞膜を破壊し、細胞内の成分を抽出する方法。
有効成分も一緒に壊れてしまうので、美容関連ではあまり使われていない。

 

塩酸分解法(加水分解法)

1970年代後半以降に日本の加工食品業界で使われている方法で、原料のたんぱく質を加水分解。
この分解法を使った場合、発がん性物質が少量ながら生成されてしまう可能性がある。

 

酵素分解法

酵素の力でアミノ酸を分解し、有効成分を抽出する方法。
非常に有効成分の抽出率が高い方法。しかし、その分コストが割高。

 

プラセンタエキスを抽出する方法は、分子分画法か酵素分解法を採用しているものがおすすめです。

 

 

STEP2 抽出したプラセンタエキスの余分な水分を飛ばします

抽出したプラセンタエキスから余分な水分を飛ばすには2つの方法があります。

 

スプレードライ製法

低コストですが、製法上デキストリン(でん粉)等の希釈剤が必要になります。
従って100%のプラセンタ粉末は作れません。

 

フリーズドライ製法

成分を凍結→乾燥して、余分な水分だけをとばします。
純度100%のプラセンタ粉末を作れますが、高コストです。

 

スプレードライ製法で作られたものは100%原末にはなりません。
スプレードライ製法で、プラセンタの含有率が 5%〜30%でも、その含有率の表示義務がありません。
ほぼ、でん粉だとしても「プラセンタ粉末」として取引されています。
一方、フリーズドライ製法は100%原末になるので、とても安心です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ヒトプラセンタ注射 馬や豚のプラセンタ 植物性プラセンタ