プラセンタの種類の違いとは | プラセンタラボ

プラセンタは種類が豊富!その違いとは

究極のプラセンタ
≫ 医療用プラセンタ注射の500倍の濃度 !!! ≪
国内で唯一国産サラブレッドのサイタイを含んだスーパープラセンタ!

サイタイに含まれる天然のヒアルロン酸の効果がすごい!
プラセンタ専門店の意地で実現したどの企業もできなかったこだわりのサプリ。
プラセンタ注射よりも効果が高いと話題!

国生さゆりさんご用達!その効果は本物です!

究極のプラセンタパワーを感じてください!

プラセンタは種類が豊富!その違いとは

プラセンタの種類は豊富にあります

 

ひとことでプラセンタと言っても、さまざまな種類があり摂取方法もいろいろです。

 

プラセンタの種類は馬や豚・羊などの動物性のプラセンタや人間からのヒトプラセンタ。

 

その他、動物性プラセンタに抵抗がある方から人気を集めているのが、海洋性プラセンタや
植物性プラセンタです。

 

これらプラセンタの種類の違いとは、効果・効能や安全面に違いがでてきます。

 

化粧品やサプリ・ドリンクは、主に馬や豚、羊などの動物性のプラセンタで、あと海洋性や
植物性のプラセンタがあります。

 

また、プラセンタ注射はヒトプラセンタのみになります。

 

プラセンタは種類がたくさんありますので、迷われる女性も多いはず…。

 

できるだけ、わかりやすくその違いとは何かを説明できればと思います。

 

 

ヒトプラセンタとは

ヒトプラセンタとは何か

ヒト由来のプラセンタとは、人の胎盤から抽出されたプラセンタのこと。

 

ヒトプラセンタは、国から認可された製薬会社だけが製造できる医薬品です。

 

ヒト由来のプラセンタサプリを取り扱っているクリニックもあるみたいです。

 

医療機関だけで使用や処方が認めらる注射薬として主に使用されています。

 

厚生労働省から認可されているヒトプラセンタは2種類で、治療の場合は、保険が適用されます。

  • ラエンネック…

    肝機能障害の治療に使用される製剤

  • メルスモン…

    更年期障害の治療に使用される製剤

ヒトプラセンタ注射は美容に人気

アンチエイジング効果や美容に効果があるプラセンタは、女性から高い評価で人気があります。

 

ヒトプラセンタは、一般的に注射や点滴で使用します。

 

プラセンタ注射は直接、血液に投与することができるので効果にも即効性があります。

 

ただ、ヒトプラセンタ注射は医療機関でしか受けることができませんので、成分を溜めておくことができないプラセンタは定期的にクリニックでプラセンタ注射を投与するため通う必要があります。

 

こうした美容目的でプラセンタ注射を行う場合、保険は適用されませんので価格的にも高価に。

 

ヒトプラセンタ注射を受けるまえに

気をつけておかなければならないのが、プラセンタ注射を受けてしまうと献血ができなくなります。

 

ヒトプラセンタの副作用

日本では、ヒトプラセンタ注射は50年以上も使用されてきましたが、感染症などの重大な症例が出たことは、一例もないとされています。
しかし、理論的には感染症の疑いは100%は否定できません。

 

プラセンタの副作用についてはこちら

 

 

馬プラセンタとは

馬プラセンタとは何か

馬由来のプラセンタとは、馬の胎盤から抽出されたプラセンタのこと。

 

馬プラセンタは、主にサプリやスキンケアがあります。

 

馬の胎盤には、人の身体に必要な必須アミノ酸が多く含まれています。

 

馬は1年に1頭しか出産しないので、とても厚く丈夫な胎盤を持っています。

 

1年で1頭しか産まない馬の胎盤は栄養が凝縮されるため、成分濃度は高く希少価値があります。

 

したがって動物性プラセンタの中で効果が高く、抽出する胎盤が少ないことから価格的にも高価に。

 

馬プラセンタが人気の理由

  • 馬プラセンタは、豚プラセンタなどに比べて、コラーゲンなどを作るアミノ酸含有量がとても高い。
  •  

  • 馬プラセンタは、豚プラセンタと比べて、プラセンタの成分濃度の濃さが全く異なる。
  •  

  • 馬は豚などに比べて、体温が高く、寄生虫の心配が少ない。
  •  

  • 狂牛病や口蹄疫などの病気は、牛や豚、羊等に発症する病気で、馬はそれらの病気にはかからない。

 

 

豚プラセンタとは

豚プラセンタとは何か

豚由来のプラセンタとは、豚の胎盤から抽出されたプラセンタのこと。

 

牛由来のプラセンタが禁止になったため、現在は豚プラセンタが主流です。

 

プラセンタのサプリやスキンケア・ドリンクでは最も多く流通しています。

 

豚は年2回1度に10頭前後の出産をしますので、大量に生産できるため安価。

 

プラセンタの質でいえば、通常の豚は1ヶ所で大量に飼育されているので、病気にかかりやすくワクチンや抗生物質を投与される機会が多いことから馬と比べると質は落ちてしまいます。

 

さらに、その豚を雑菌処理する過程から胎盤の有効成分が破壊されてしまいます。

 

そこで注目されているSPF豚という豚は、病原体に感染しないように徹底した管理のもとで飼育されるため、通常の豚プラセンタの約3倍の有効成分を含んでいて効果にも違いがでてきます。

 

もともと豚は臓器移植などでも使われており、人と非常に相性のいい成分だといわれています。

 

 

羊プラセンタとは

羊プラセンタとは何か

羊由来のプラセンタとは、羊の胎盤から抽出されたプラセンタのこと。

 

羊の胎盤は人のものに近くて、特にアミノ酸の組成が非常に似ています。

 

免疫反応が起こりにくく、身体に馴染みやすいので肌への浸透が効果的。

 

ただ日本で作られるサプリやスキンケアには、あまり使用されていません。

 

牛の狂牛病と、よく似た“スクレイピー”という伝染病(ヒトには伝染しない)が羊にはあるからです。

 

ですが海外では羊を使用したプラセンタの商品はたくさんあり、羊のプラセンタもまた人気です。

 

 

植物性プラセンタとは

植物性プラセンタとは何か

植物性のプラセンタとは、植物の「胎座」という部分が用いられます。

 

厳密には植物性プラセンタは「プラセンタ」ではありません。

 

プラセンタは胎盤という意味ですが、植物には胎盤がありません。

 

ですが胎座は英語でプラセンタと読み、胎盤に近い役割を果たしています。

 

ほかのプラセンタと比べ、リスクがなく安全性が非常に高いです。

 

植物性プラセンタにも動物性プラセンタと同じようにアミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富。

 

また大豆由来のプラセンタに関しては女性ホルモンとよく似た働きをするイソフラボンが豊富です。

 

効果の面でいえば、胎座は胎盤と根本的に異なりますから、全く同じ効果とはいきません。

 

プラセンタの大きな特徴である重要な「成長因子」が含まれていないので、身体の細胞に働きかけて良い方向に導く効果まではありません。
成長因子とは…胎盤にある胎児を育てるための重要な成分の1つ

 

プラセンタ本来の効果は期待できませんが、ビタミンやミネラルがぎっしりと詰まった植物性の
プラセンタですので美白や保湿などで効果を発揮します。

 

 

海洋性プラセンタとは

海洋性プラセンタとは何か

海洋性のプラセンタとは、魚の「卵巣膜」という部分が用いられます。

 

厳密には海洋性プラセンタは「プラセンタ」ではありません。

 

プラセンタは胎盤という意味ですが、魚には胎盤がありません。

 

卵巣膜には豊富な栄養成分があり機能としては胎盤に近いとされています。

 

あくまで似たようなものという意味ですので「成長因子」が含まれていません。

 

ですので成長因子の働きによる、細胞を活性化させる効果は期待できません。

 

海洋性プラセンタだけに含まれている栄養素に「エラスチン」というものがあります。

 

エラスチンは、たんぱく質の一種でコラーゲンに付着してお肌に弾力と柔軟性をもたらす役割を担っています。

 

卵巣膜には、人の体内では合成できない必須アミノ酸9種類を含む、18種類のアミノ酸、
そしてコラーゲン、コンドロイチン硫酸、ビタミンB群…など30種類もの成分が含まれています。

 

プラセンタ本来の効果は期待できませんが、必須アミノ酸9種類を含む、18種類のアミノ酸など30種類もの成分がぎっしりと詰まった海洋性のプラセンタですので美容効果を発揮します。



ホーム RSS購読 サイトマップ
ヒトプラセンタ注射 馬や豚のプラセンタ 植物性プラセンタ