プラセンタの歴史 | プラセンタラボ

プラセンタの歴史は古く歴史上の人物までもが愛用していた

究極のプラセンタ
≫ 医療用プラセンタ注射の500倍の濃度 !!! ≪
国内で唯一国産サラブレッドのサイタイを含んだスーパープラセンタ!

サイタイに含まれる天然のヒアルロン酸の効果がすごい!
プラセンタ専門店の意地で実現したどの企業もできなかったこだわりのサプリ。
プラセンタ注射よりも効果が高いと話題!

国生さゆりさんご用達!その効果は本物です!

究極のプラセンタパワーを感じてください!

プラセンタの歴史

プラセンタの歴史は非常に古く、西洋では紀元前から使われていたという記録も残っており、古くから健康や美容に優れた効果があることに気付いた人々は、プラセンタを有効活用してきました。

 

古代ギリシャの医聖ヒポクラテス(紀元前400年頃)が治療に利用していたと伝えられていますので、プラセンタが2000年以上も前から今に至るまで期待されている有効成分であるともいえます。

 

プラセンタ愛用者の歴史上有名人

そのなかで、プラセンタの歴史を調べると、歴史上の有名な人物もプラセンタの効果の恩恵を受けていて、世界中でプラセンタが薬として愛用されてきたことがわかります。

 

美容と若返りのためにエジプトの女王クレオパトラやフランスの王妃マリー・アントワネットもプラセンタを愛用していたといわれています。

 

中国では、秦の始皇帝が不老不死の妙薬のひとつに用いたといわれております。

 

肉体的及び精神的な疲れや衰えに対して効用のある滋養強壮の漢方薬「紫河車」を楊貴妃も服用していたと伝えられております。

 

近い時代ではマリリン・モンローやオードリー・ヘップバーン、チャーリー・チャップリンもプラセンタを美容・健康目的で愛用していたみたいで、もっと近い近年では、マドンナやマイケル・ジャクソン、ダイアナ元英国王妃などもプラセンタを愛用しているみたいです。

 

プラセンタは江戸時代の三大秘薬

日本では江戸時代に紫河車を配合した「混元丹」が加賀の三大秘薬のひとつに数えられ、滋養強壮・不老長寿の薬として使われていました。

 

現代のプラセンタの基礎は旧ソ連

1930年代に旧ソ連でプラセンタの組織片を皮下に埋め込む「組織療法」が日本に伝わり、1950年に組織療法を研究していた医師たちが集まって「組織療法研究所」を設立。

 

プラセンタエキスの注射液の開発にともない1950年に「メルスモン製薬株式会社」に発展させ、国から医薬品の認可も得て更年期障害と乳汁分泌不全の注射薬「メルスモン」の製造販売を始めた。

 

日本を渡るプラセンタには別ルートも

これとは別のルートで「組織療法」を日本に広めたのが稗田博士でした。

 

稗田博士は終戦後、中国にとどまった際に旧ソ連の「組織療法」に出会います。

 

帰国後、稗田博士は大学の教授を務めプラセンタの利用に関する研究を始めます。

 

1959年に稗田博士の研究に基づく肝機能改善のプラセンタ注射薬「ラエンネック」が誕生。

 

現在のプラセンタ

今も各メーカーで研究・開発が行われているプラセンタですが、長い歴史のなかで発展してきたプラセンタは、これからも美容と健康のためには欠かせないものだと思います。

 

現在、プラセンタエキスはヒトプラセンタだけでなく、馬や豚の動物性プラセンタや植物性プラセンタ・海洋性プラセンタと増え、注射薬やサプリメント、スキンケア用品等のかたちで美容・健康に利用されております。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ヒトプラセンタ注射 馬や豚のプラセンタ 植物性プラセンタ